トップページ> 福利厚生を充実させたい> 小規模企業共済

小規模企業共済

 国の機関である中小機構が運営する小規模企業共済制度は、小規模企業の経営者や役員、個人事業主などのための、積み立てによる退職金制度です。
 現在、全国で約133万人の方が加入されています。
 掛金は全額を所得控除できるので、高い節税効果があります。
 将来に備えつつ、契約者の方がさまざまなメリットを受けられる、今日からおトクな制度です。

制度のおトクな3つのポイント

①掛金は加入後も増減可能、全額が所得控除

 月々の掛金は1,000~70,000円まで500円単位で自由に設定が可能で、加入後も増額・減額できます。
 確定申告の際は、その全額を課税対象所得から控除できるため、高い節税効果があります。

②共済金の受取は一括・分割どちらも可能

 共済金は、退職・廃業時に受け取り可能。満期や満額はありません。
 共済金の受け取り方は「一括」「分割」「一括と分割の併用」が可能です。
 一括受取りの場合は退職所得扱いに、分割受取りの場合は、公的年金等の雑所得扱いとなり、税制メリットもあります。

③低金利の貸付制度を利用できる

 契約者の方は、掛金の範囲内で事業資金の貸付制度をご利用いただけます。低金利で、即日貸付けも可能です。

 

ご留意事項

 記載の内容は、小規模企業共済制度の一部を記載したものです。
 詳細は、下記リンク(中小企業基盤整備機構内)をご覧いただくか、下記お問合わせ先までご連絡ください。

リンク先:中小企業基盤整備機構 小規模企業共済制度

お問合せ先

 宮崎商工会議所 経営指導部 TEL 0985-22-2161